リフォーム・増改築

 開業当初に想定していた以上に患者が増えて待合室や診察室が手狭になった時、機械の入れ替えやオペレーションの変更により患者動線、スタッフ動線の見直しが必要になった時、または単純に施設や設備が老朽化したため入れ替えが必要になった時、リフォームや増改築を検討する開業医は多いです。賃貸の場合は躯体などの制限があるため大幅な変更はできませんが、間取りや内装の範囲内でのリフォームだけでも大きくパフォーマンスが改善する場合があります。戸建てでかつ土地に余裕があればさらに大きな改善の可能です。
 ただ、どちらのケースでも工事期間中は一時的に診療を制限したり別の診療場所を準備する必要があり、各種資金計画や仮診療所への移転登録が発生する場合もあるので入念な準備が必要です。

更新日:2018/05/22 ID:LAQUA002

クリニック創りを専門とするデザイン設計事務所! ~人に伝えたくなるクリニック創り~

ラカリテ

医療専門(80%以上) デザイン重視 テナント得意 戸建て得意

実績

2001年から医療施設の建築設計監理・内装設計施工に携わる。2017年時点で医療設計実績500件以上!

強み

一般的な科目からマイナー科目、専門性に特化した科目、健診センターなど多岐に経験をしています。そのため、医療施設に特化してきた経験を存分に発揮することが特徴です。

対応エリア

内装設計施工(首都圏・関西圏。左記以外は応相談)、建築設計監理(全国。時期により応相談)

おすすめカテゴリー

増収対策・経営支援  医院を開業、運営していく上で利益を上げるためには、より多く集患し、診療などの回転率を高めることが大切です。しかし、集患数を増やし過ぎると待ち時間が多くかかってしまったり、患者に不満を与えてしまう可能性があります。そうならないためにも、待合室の配置や予約システム等で医師・患者ともにストレスを抱えないような工夫を行うことが重要です。
 また、交際費を多く使ったり、福利厚生費を多くすることで節税対策をしている医院も少なくありませんが、税務署の調査において、節税のための対策(各種費用の計上)に許可がおりないケースもあります。そのため、福利厚生費と交際費については、関係性や区分などを把握し、適切な処理を行うことで節税をしやすくなるでしょう。そのほか、経営安定化のために経営支援会社と契約を結ぶことで増収対策なども任せられるため、開業医の負担を大幅に軽減できる場合があります。
集患・増患対策  医院を開業してからまず問題点として挙がりやすいのが、患者の集患方法です。集患とは医院に来院してもらう患者数を集めることを意味し、健全経営をしていく上で非常に重要となります。事業計画では年度単位で計画を立てることが多いですが、集患方法においては開業後の数ヵ月がその後の集患につながることから、開業前から準備を整え内覧会や折込チラシ等で集患対策をする医院も増えております。
 また、1日の集患数を把握し今後の計画を立てることも重要です。季節や感染症の流行に左右されること無く安定した集患を進めるためには現代ではインターネットが普及しているため、ホームページを作成することも必須条件と言えるでしょう。ホームページで予防接種情報を拡散することも有効的で、口コミを機に医院の知名度や評判を拡散できる可能性もあります。
会計・税務・保険  開業医は、医者として医療に従事するだけでなく、経営者としての側面も持ちます。そのため、開業後は専門知識やスキルの習得だけでなく、税務関係の処理を自分で行わなければいけません。税務処理を請け負う代表的な外注先としては税理士が挙げられますが、税理士によっては必ずしも医療業界に精通している方ばかりとは限らないため、依頼する際には聞いてみるのも良いでしょう。
 一方、医院開業後に税務や会計、保険関係のサポートを依頼できる外注先に会計士があります。会計士は第三者の目線から見た監査業務を行ってくれるため、税務だけに留まらないサポートを期待できるでしょう。その他、医院開業や経営に特化した専門コンサルタントからは総合的なアドバイスを得ることが可能です。
 このようなことから、自分で処理しきれない業務や計画・支援を外注する際は、税理士、会計士、専門コンサルタントそれぞれの特徴を理解したうえで選択することが重要だと言えるでしょう。