増収対策・経営支援

 医院を開業、運営していく上で利益を上げるためには、より多く集患し、診療などの回転率を高めることが大切です。しかし、集患数を増やし過ぎると待ち時間が多くかかってしまったり、患者に不満を与えてしまう可能性があります。そうならないためにも、待合室の配置や予約システム等で医師・患者ともにストレスを抱えないような工夫を行うことが重要です。
 また、交際費を多く使ったり、福利厚生費を多くすることで節税対策をしている医院も少なくありませんが、税務署の調査において、節税のための対策(各種費用の計上)に許可がおりないケースもあります。そのため、福利厚生費と交際費については、関係性や区分などを把握し、適切な処理を行うことで節税をしやすくなるでしょう。そのほか、経営安定化のために経営支援会社と契約を結ぶことで増収対策なども任せられるため、開業医の負担を大幅に軽減できる場合があります。

PICK UP

実績

会社設立以来43年にわたり、医院・介護福祉施設の建築に携わり、その実績は4,500件を超えています。

強み

木造建築ならではのやさしさ、経済性、安全性で、医療法人が経営する介護・福祉施設を支えます

対応エリア

全国対応(沖縄県を除く)しており、各地に専門スタッフを配置しています。

更新日:2018/07/26 ID:MICIN002

急拡大中のオンライン診療サービス「クロン」初期費用・月額固定費用無料

MICIN

報酬改定対策 効率化

実績

全国導入施設数600件、比較検討した医師の9割が導入決定。
保険診療から自由診療まで幅広く対応可能。

強み

初期・月額固定費用が無料、オンライン診療を試しやすい料金体系。ガイドラインにも準拠しているためセキュリティも安心。
シンプル操作でスタッフも患者も使いやすいサービス。

対応エリア

全国(海外はサービス対象外となります)

更新日:2018/05/24 ID:CREDO002

事務長代行業務(サポート)

エム・クレド

効率化

実績

強み

対応エリア

原則、東京・神奈川・埼玉・千葉に限定させて頂いております。
他県につきましては、別途日当及び交通費の負担をご了承頂ければ対応は可能です

更新日:2018/05/23 ID:MEDLEY002

最も多くの医療機関に支持されているオンライン診療システム「CLINICS」

株式会社メドレー

多角化提案 効率化

実績

全国800か所以上の医療機関で稼働しているオンライン診療システム「CLINICS(クリニクス)」は、導入実績No.1※。だから、信頼性が違います。
※株式会社シード・プランニング「2016年遠隔診療サービスの現状と将来展望」記載の導入数より

強み

1.安心のセキュリティ。暗号化によりすべての通信を保護。不正ログインを防ぐアカウントロックセッション管理 
2.No.1の導入実績。全国約850の契約医療機関 
3.活用促進サポート。社内専門チームによる、医師、院内スタッフへのサポート並びに患者向けサポートデスクを完備

対応エリア

全国

おすすめカテゴリー

集患・増患対策  医院を開業してからまず問題点として挙がりやすいのが、患者の集患方法です。集患とは医院に来院してもらう患者数を集めることを意味し、健全経営をしていく上で非常に重要となります。事業計画では年度単位で計画を立てることが多いですが、集患方法においては開業後の数ヵ月がその後の集患につながることから、開業前から準備を整え内覧会や折込チラシ等で集患対策をする医院も増えております。
 また、1日の集患数を把握し今後の計画を立てることも重要です。季節や感染症の流行に左右されること無く安定した集患を進めるためには現代ではインターネットが普及しているため、ホームページを作成することも必須条件と言えるでしょう。ホームページで予防接種情報を拡散することも有効的で、口コミを機に医院の知名度や評判を拡散できる可能性もあります。
リフォーム・増改築  開業当初に想定していた以上に患者が増えて待合室や診察室が手狭になった時、機械の入れ替えやオペレーションの変更により患者動線、スタッフ動線の見直しが必要になった時、または単純に施設や設備が老朽化したため入れ替えが必要になった時、リフォームや増改築を検討する開業医は多いです。賃貸の場合は躯体などの制限があるため大幅な変更はできませんが、間取りや内装の範囲内でのリフォームだけでも大きくパフォーマンスが改善する場合があります。戸建てでかつ土地に余裕があればさらに大きな改善の可能です。
 ただ、どちらのケースでも工事期間中は一時的に診療を制限したり別の診療場所を準備する必要があり、各種資金計画や仮診療所への移転登録が発生する場合もあるので入念な準備が必要です。