コスト削減

 医院を開業するにあたり、運営にかかるコストは大きく分けて人的コストと設備コストの2種類です。
人的コストとは人件費など雇用するにあたって発生するコストをいい、例えば余剰人員を正社員雇用から契約社員雇用に変更することで人件費のコストダウンが見込めます。設備コストは、必要な医療設備を購入ではなくリースを利用することで初期投資額を抑えることができますが、総支払額が多くなる可能性があるので、メリット・デメリットを把握した上で資金計画を立てることが重要です。
 その他、広告費の見直しや光熱費の見直し、医療用資材や薬剤の仕入れ価格の値下げ交渉など、総事業費からすると額は大きくはありませんが、変動費、販管費を抑えることもコスト管理の上では重要となります。

更新日:2018/07/10 ID:004

3Bees 医院マネージメントシステム(予約・順番管理から経営分析まで)

メディ・ウェブ

ICT コンサル 効率化 人件費削減 販管費削減

実績

PMS(Practice Management System:医院マネジメントシステム)は、医療ITの一つのカテゴリーで、クリニックにおける日々の経営の悩みや現場業務の負担を軽減するソフトウェアの総称です。3Beesは、国内初のPMSとして、 医師や医療従事者の皆さまがより患者さまと向き合える診療現場の実現をサポートします。

強み

3Beesは、各アプリが効果的に連携し、現場の負担を軽減するだけでなく患者数を平準化。受診アドヒアランスと再受診率を高めて、無理なく確実に増患を促します。

対応エリア

全国対応(場合によっては、代理店様で対応させていただきます)

おすすめカテゴリー

増収対策・経営支援  医院を開業、運営していく上で利益を上げるためには、より多く集患し、診療などの回転率を高めることが大切です。しかし、集患数を増やし過ぎると待ち時間が多くかかってしまったり、患者に不満を与えてしまう可能性があります。そうならないためにも、待合室の配置や予約システム等で医師・患者ともにストレスを抱えないような工夫を行うことが重要です。
 また、交際費を多く使ったり、福利厚生費を多くすることで節税対策をしている医院も少なくありませんが、税務署の調査において、節税のための対策(各種費用の計上)に許可がおりないケースもあります。そのため、福利厚生費と交際費については、関係性や区分などを把握し、適切な処理を行うことで節税をしやすくなるでしょう。そのほか、経営安定化のために経営支援会社と契約を結ぶことで増収対策なども任せられるため、開業医の負担を大幅に軽減できる場合があります。
集患・増患対策  医院を開業してからまず問題点として挙がりやすいのが、患者の集患方法です。集患とは医院に来院してもらう患者数を集めることを意味し、健全経営をしていく上で非常に重要となります。事業計画では年度単位で計画を立てることが多いですが、集患方法においては開業後の数ヵ月がその後の集患につながることから、開業前から準備を整え内覧会や折込チラシ等で集患対策をする医院も増えております。
 また、1日の集患数を把握し今後の計画を立てることも重要です。季節や感染症の流行に左右されること無く安定した集患を進めるためには現代ではインターネットが普及しているため、ホームページを作成することも必須条件と言えるでしょう。ホームページで予防接種情報を拡散することも有効的で、口コミを機に医院の知名度や評判を拡散できる可能性もあります。