更新日:2018/12/27 ID:MEDLEY003

『患者とつながる』次世代のクラウド型電子カルテ 〜CLINICSカルテ〜

株式会社メドレー

レセコン一体型 クラウド型

製品の特徴

『患者とつながる』全く新しいコンセプトのクラウド型電子カルテです。インターネット環境とご自身のPCがあればどこでも場所を選ばずカルテをご覧いただくことができます。

対応科目

全診療科をカバー(入院機能はありません)。

対応エリア

どの地域でも導入いただけます。

- クラウド型カルテ
- 通常のオンプレ型電子カルテと比較して圧倒的な低価格
- PCとネット環境さえあれば場所を選ばず診療可能
- 安心の日本医師会標準レセコン(ORCA)を採用 
- ORCA完全内包型なのでORCAを別途入力する必要なく全て電子カルテ上で患者受付/会計が可能 
- 受付/診察/会計/予約すべての場面でカルテと医事がシームレスに連携し情報一元管理が可能
- オンライン診療システムNo.1の「CLINICS-クリニクス」と連携 
- 患者様はインターネットを介していつでも予約可能(対面診療/オンライン診療)
- 電子カルテから直接患者様アプリに検査結果のお渡しやメッセージ送付が可能
- CLINICS登録患者様はクレジットカード払いでのキャッシュレスでの会計

日医標準レセプト(ORCA)を完全に内包し、オンライン診療を含めた次世代の診察が可能なクラウド型電子カルテです

以下の3つの特徴を持つ画期的な電子カルテです。

〈特長1. クラウド型電子カルテ〉
通常のオンプレ型電子カルテと比較して初期導入費用や維持費用が大きく違ってきます。
ご自宅など院外でもPCとネット環境さえあれば操作をしていただくことが可能です。
カルテもレセコンもクラウド管理なので、オンプレ型でありがちな頻回のソフトウェアアップデートなどが発生せず誰でも簡単に運用いただくことができます。

〈特長2. ORCA完全内蔵型(史上初)〉
レセコンには全国17,000を超える医療機関に利用されている国内最大級のレセプトソフトORCAを採用しています。
診療情報をORCAに自動送信する「連動型」電子カルテは存在していたものの、電子カルテとは別にレセプトソフトを立ち上げて会計を処理する必要がありましたが、CLINICSカルテではORCAもクラウド上で管理しており完全に内包しているため、受付や会計をORCAで行う必要がありません。
レセプトソフトを別に用意する必要がなく会計情報を電子カルテ内で一元管理できるため、事務効率を大幅に向上することができます。

〈特長3. オンライン診療システムCLINICSとの連携〉
オンライン診療機能を搭載CLINICSカルテは、メドレーが提供するオンライン診療システム「CLINICS」の機能を搭載しています。医療機関は対面・オンライン問わず全ての診療をCLINICSカルテ上で管理できる他、CLINICSの患者向けアプリを利用する患者に対し、アプリを通じて受診喚起や検査データの送付などが可能となり、より効果的な診療を行うことができます。患者はCLINICSアプリを使うことで、対面・オンライン両方の診療予約や問診の事前入力、オンライン診療、クレジットカードによる自動決済を行うことができ、通院時の負担が軽減されます。
医療機関は、CLINICSカルテを活用することで、予約から対面・オンラインによる診療、会計までをワンストップで管理することができます。これまで複数のシステムに重複して入力していた情報を1つにまとめることで、事務作業を効率化し、より充実した医療を提供できる体制作りが可能となります。

企業情報

企業名

株式会社メドレー

代表者名

瀧口 浩平

設立

2009/06/05

本社所在地

東京都港区六本木三丁目2−1 住友不動産六本木グランドタワー22F

事業内容

1.メドレー事業
2.クリニクス事業
3.ジョブメドレー事業
4.介護のほんね事業

交通

東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅直結

資料請求をする