開業コンサル

 医院を新規開業する際、開業前の準備段階から集患方法や、看護師等スタッフの募集方法などを念入りに計画しておく必要があります。この計画を怠ってしまうと開業後に問題点が現れやすく、想定外のトラブルに負われてしまうケースも少なくありません。このようなことから、医院開業コンサルタント会社と契約する開業医も多く存在します。
 医院開業コンサルタント会社は実績や経験に基づいたアドバイスを行ってくれるため、開業後のトラブル発生リスクを軽減させられるでしょう。サポート内容や費用は会社によってさまざまですが、希望に適した物件紹介や開業資金、集患情報などもサポートしてもらえる場合が多いようです。また、開業後のサポートとしては、スタッフの採用や教育、医療法人化など、経営業務のトータルサポートが挙げられます。経営難や予期せぬトラブルに備えたい場合は、医院開業コンサルタントへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

PICK UP

更新日:2018/06/02 ID:MITSUI005P

三井ホームのドクター特化型ソリューション「WITH DOCTORS」

三井ホーム

パッケージ型 開業時得意 開業後得意

実績

会社設立以来43年にわたり、医院・介護福祉施設の建築に携わり、その実績は4,500件を超えています。またドクターのご自宅や資産活用、リフォームなどの実績も豊富です。

強み

豊富な実績から蓄積されたノウハウを、建物だけではなく開業・経営に関するあらゆる場面でメリットとしてご提供できるように全社で水平展開し、体系的に整えています。

対応エリア

全国対応(沖縄県を除く)しており、また各地に専門スタッフを配置していますので、ご勤務地と開業地が離れている場合でもスムーズに開業計画を進めることができます。

更新日:2018/06/13 ID:NISHI002

時代のニーズに合わせた最適なプランをご提案いたします。

西村医科器械株式会社

無料 パッケージ型 開業時得意 開業後得意

実績

医療機器ディーラーとして40年以上の長きにわたり各医療機関様とお取引、また新規開業も毎年10件以上ご支援しております。

強み

クリニック御開業に向けての全面的なサポートを致します。
数々の新規開業を支援してきたプロフェッショナルが、先生に最適なプランニングの御提案を致します。

対応エリア

東京支店 東日本
京都本社 西日本

更新日:2018/05/23 ID:CREDO001

コンサルティング歴15年以上、医師開業支援、クリニック経営サポート

エム・クレド

無料 開業時得意 開業後得意 科目特化型

実績

15年以上の経験を有し、幅広いご相談に応じます

強み

雇われコンサルタントとしてではなく、事業家自らが先生方のご相談に応じサポートしていきます

対応エリア

原則、一都三県。それ以外のエリアについては、経営サポートのみ(別途、費用負担有り)

更新日:2018/06/09 ID:medica001

医療・歯科医療を学び医療業界の発展に貢献 ~医療・歯科医療・介護の明日を考える~

メディカルスタディ協会

無料 開業時得意

実績

メディカルスタディ協会は毎月1回の定例会において、勉強会を実施しています。テーマは、医療・歯科医療・介護関係の内容から社会など広く取り上げています。

強み

医療・歯科医療・介護の発展のために会員同士が相互に協力しあって勉強会を実施し、またお互いに情報交換をして会員自身の知識の向上につなげています。また、会員同士の親密さというものも強みとなります。

対応エリア

関東・関西・東海・九州

おすすめカテゴリー

内装、設備  院内の内装デザインは、経営を安定させるためにも極めて重要だと言われています。なぜなら、視覚効果がある床や壁、天井などの造りによって病院全体の印象が決まるためです。医師や受付スタッフが患者に与える影響も少なくありませんが、待合室の床や壁紙が殺風景だと、来院した患者が落ち着かずに再来院率が下がります。また、診療室など医師と対面するような場所では、診療・処置のしやすい明るさを確保することや、患者とスタッフの動線を分けることが大切です。そのほか、ナースコールをトイレ内にも設けて非常事態を防ぐことや、来院した患者にリラックス効果を与えるためのBGM用スピーカーを設置するなど、院内の電装機器・設備にも注目すべきポイントが多くあるので、医院の内装設計の実績のある業者を選ぶことが重要です。 電子カルテ、レセコン  電子カルテを導入すると、予約・受付・会計・診療情報提供書など、紙のカルテに必要な時間や作業の負担、保管スペースを削減できます。情報伝達や情報処理をデータとしてスムーズに行えることから、業務効率の向上を期待できる点が大きなメリットと言えるでしょう。
 また、電子カルテ以上の普及率を誇るシステムに医事会計システムのレセコン(レセプトコンピュータ)が挙げられます。レセコンはレセプト(診療報酬明細書)の作成・提出をパソコン上で行えるため、事務作業の効率化を図れる点で大きなメリットがあります。近年では、厚生労働省の推進によって多くの医療機関におけるレセコンの導入が進み、平成27年段階での普及率は全国の病院で99.9%、診療所97.9%、歯科96%、薬局99.9%の割合を占めています(医療機関全体では98.6%)。