電子カルテアンケート2018

電子カルテ商品の「ランキング」や、「導入にあたってのホンネ」「使用中のカルテに関する不満点」について、全7回にわたってアンケート結果とともに読み解いていきます。

第4回 【開業医300人に聞いた】電子カルテ選び直しの決め手

2018年11月28日
Facebookでシェア ツイート

 この連載では日経メディカル Onlineの開業医を対象に実施した「電子カルテ関するアンケート」をもとに、「電子カルテの導入率やメーカー別シェア」や「導入にあたってのホンネ」「使用中の不満点」など、電子カルテ導入前後にまつわる様々な情報を、全7回にわたってお伝えしていきます。

<電子カルテ利用中の医師が選んだ、選び直しの基準>

 第3回では、電子カルテの導入の決め手についてまとめました。今回は、現在電子カルテを導入している開業医の先生が、商品を選び直すとしたらどの様な視点で選ぶのか、「選び直しの決め手」について読み解いていきます。

 アンケート結果では、選び直しの決め手について『保守サポート』と『ランニングコスト』の2つが多く、最も重視するものをひとつだけ選ぶという設問だったにも関わらず20%以上の支持を集めました。
 また、3位の『入力時間等の操作性』、9位の『医療機器連携』は、「導入の決め手」トップ10では重視されていなかった項目でした。実際の診療で使用した経験のある方だからこそわかる項目と言えそうです。

電子カルテを選び直すとすれば、何を最も重視しますか?下記選択肢より最も当てはまるものを「ひとつ」お選び下さい。電子カルテ導入医師 重視項目

操作性に強みのある電子カルテに問い合わせ

医療機器連携に強みのある電子カルテに問い合わせ

<見積もり社数別で見る、選び直しの基準>

 同じ質問について、見積もり社数を「複数社」取った医師と「一社」のみの医師に分けて集計した結果、3位以下で差が見られました。「複数社見積もり」では『導入サポート』と『カスタム設定』、「一社見積もり」では『会社の安定性・信頼性』『検査センター等外部連携』の項目が支持を集めました。「一社見積もり」では、資料による比較検討でも判断できる項目の支持が高かったのに対し、「複数社見積もり」では商品を導入または使用してみて初めて分かる項目が支持を集めています。
 見積もり社数に関わらず『保守サポート』、『ランニングコスト』、『イニシャルコスト』、『入力時間等の操作性』は重視されていました。

複数社 選び直しの決めてランキング
1社 選び直しの決めてランキング

<医師の年代別で見る、選び直しの決め手>

 同様の質問について「40代まで」と「50代以上」で年代を分けて集計したところ、それぞれの順位にはあまり差が見られなかったものの、項目ごとの構成比率と4位の項目で差が生じました。『イニシャルコスト』の項目は、「40代まで」のランキングでしか見られず、『検査センター等外部連携』は「50代以上」のランキングでしか見られない項目となりました。「40代まで」のランキングでのみ『イニシャルコスト』がランクインしていることは、近年「クラウド型」の電子カルテ商品が増えてきたことによるものとも推測できます。

40代以下 選び直しの決めてランキング
60代以上 選び直しの決めてランキング

操作性に強みのある電子カルテに問い合わせ

イニシャルコストが抑えられるクラウド型カルテに問い合わせ

<選び直しの決め手から見える電子カルテ選びのポイント>

 今回は、電子カルテの「選び直しの決め手」についてアンケート結果を読み解きました。「選び直し」でも「導入の決め手」で読み解いたのと同様に、「一社見積もり」なのか「複数社見積もり」なのかによって重視するポイントが変わる結果となりました。「一社見積もり」だけでは見えにくい部分を見落とすことなく、失敗のない導入を行う為にも、「複数社見積もり」のうえで、先輩医師の選び直しの決め手で重視されていた部分を抜け漏れなくチェックすることがおすすめです。

 具体的には、導入候補にしている商品「複数社」へ問い合わせをし、各候補の『サポート体制』や『カスタム設定』、『各種連携』などの項目についてチェックし、自院の開業と経営にあたってのニーズを満たしているかを確認。そして、クラウド型の商品では体験使用、オンプレミス型の商品ではデモ会などを利用し、操作性についてチェックをする。この流れで、先輩医師が「選び直しの決め手」で重視している項目が満たされているかの確認ができ、納得のいく商品を選ぶことができそうです。

 12月末に配信予定の次回(第5回)は、電子カルテを「導入をしなかった理由」を軸にアンケート結果を読み解きます。


電子カルテ商品一覧へ

※実際の質問:
●電子カルテを選び直すとすれば、何を最も重視しますか?下記選択肢より最も当てはまるものを「ひとつ」お選びください
  • 1:イニシャルコスト
  • 2:ランニングコスト
  • 3:導入サポート
  • 4:保守サポート
  • 5:画面デザイン
  • 6:カスタム設定
  • 7:レセプトチェック
  • 8:医療機器連携
  • 9:検査センター等外部連携
  • 10:入力時間等の操作性
  • 11:営業マンの人柄
  • 12:サービス提供形態
  • 13:会社の安定性・信頼性
  • 14:その他(FA)


「電子カルテ導入に関するアンケート」(日経メディカル Onlineの登録医師会員を対象に2018年8月10日から2018年9月11日までの延べ32日間実施。平均年齢58.4才、平均開業経過年数14.9年開業医300名による回答を集計。)