電子カルテアンケート2018

電子カルテ商品の「ランキング」や、「導入にあたってのホンネ」「使用中のカルテに関する不満点」について、全7回にわたってアンケート結果とともに読み解いていきます。

第2回 【開業医300人に聞いた】電子カルテ導入の有無と導入商品ランキング

2018年10月25日
Facebookでシェア ツイート

 この連載では日経メディカル Onlineの開業医を対象に実施した「電子カルテ関するアンケート」をもとに、「電子カルテの導入率やメーカー別シェア」や「導入にあたってのホンネ」「使用中の不満点」など、電子カルテ導入前後にまつわる様々な情報を、全7回にわたってお伝えしていきます。

<電子カルテ導入率と個別商品のシェア>

 近年では「新規開業の70%~80%で導入」される電子カルテですが、今回のアンケートでは、「導入している」が54.7%、「導入していない」が45.3%という結果でした。導入しているユーザーへ「使用中の商品のメーカー」を聞いた問いでは、1位のPHCでシェア20%弱ほど。シェア上位5社の合計でも約半分ほどで、上位10社以外の「その他のメーカー」の商品を使うユーザーが33.5%という結果でした。

この結果は、ORCAプロジェクトによりレセプトソフトのソースコードが無料公開され、コスト面・技術面での参入障壁の一つだったレセコン搭載部分を各メーカーで自社開発する必要がなくなったことや、クラウド型商品の登場により参入企業が増加したことから、導入商品の選択肢が増えたことが要因で、電子カルテカテゴリは特定の商品・メーカーによる寡占状態というよりは、個人に合った商品が選択される傾向の強い「オンリーワンマーケットの性質」を持つと思われます。

Q 貴医院では、電子カルテを導入していますか?電子カルテ導入の有無

Q 導入している会社の製品を下記の選択肢よりお選びください。該当のない場合や分からない場合は「その他」をお選びください全体導入率ランキング

<開業経過年数別の電子カルテ導入率>

同様の設問に対し、今度は開業経過年数にも焦点をあてて、導入率と、導入シェアについて見ていきます。まず、導入率を見ると、最近開業した開業医の方ほど、導入率が高いことがわかります。最も高い割合を示したのが「開業後5~10年」で71.1%でした(残り30%の先生が述べる、導入しなかった理由については第5回で掲載予定)。
 全体の導入率ではほぼ「導入している」と「導入していない」が半分ずつという結果でしたが、ここ10年以内の開業では、電子カルテを導入することにメリットを感じる医師の方が優勢になってきており、もはや開業に当たっては電子カルテの導入を検討するのが当たり前という時代になってきています。

開業経過年数別 電子カルテ導入率

<開業経過年数別の導入商品シェア>

 導入シェアでは、PHC製の電子カルテがどの開業経過年数においても1位もしくは2位と高いシェアとなっているほか、開業年数11年以上の医師の間ではダイナミクス社がPHC社に迫る高いシェアとなり、前述の全体ランキングでの順位を押し上げる結果となりました。

 最近開業した先生になるほど、ランキングに占める個別の商品あたりの構成比率は減る傾向にあり、特に「5年未満」では、シェア1位の商品でも11.1%と、導入商品の多様化が顕著になっているのがわかります。クラウド型(※1)でのランクインは開業経過年数5年未満での「きりんカルテシステム」のみだったものの、クラウド型という選択肢が増えてきた時期を考慮すれば、支持率は急速に高まっているとも考えられ、導入の検討にあたってはオンプレミス型(※2)商品と合わせてメリットの比較が重要になりそうです。

※1 必要な機能を、その都度ベンダー経由で利用する方法
※2 院内にシステムを構築し、構築したシステム内で機能の利用やカルテの保存を行う方法

開業5年以下 電子カルテ導入率
開業5~10年経過 電子カルテ導入率
開業10~15年経過 電子カルテ導入率
開業15~20年経過 電子カルテ導入率
開業21年以上 電子カルテ導入率

 今回は「電子カルテの導入」に関するアンケート結果を軸に、まとめてみました。現在の医院開業においては、電子カルテの導入は必須事項であり、選択される商品も変動してきているため、今後も大きく変化する可能性が高いと考えられます。次回(第3回)では、「導入の決め手」を軸にアンケート結果を読み解きます。

※実際の質問:
●貴医院では、電子カルテを導入していますか? 下記選択肢よりお選び下さい。
  • 1.導入している
  • 2.導入していない

●導入している会社の製品を下記の選択肢よりお選びください。該当のない場合や分からない場合は「その他」をお選びください。(「  」内は代表的な製品名)
  • 1:PHC(旧パナソニックヘルスケア)
  • 2:ビー・エム・エル
  • 3:ユヤマ
  • 4:ダイナミクス
  • 5:日立ヘルスケアシステムズ(旧日立メディカルコンピュータ)
  • 6:キャノンメディカルシステムズ(旧東芝)
  • 7:富士通
  • 8:グローバルソフトウェア
  • 9:デジカル
  • 10:島津メディカルシステムズ
  • 11:EMシステムズ
  • 12:ラボテック
  • 13:アイネット・システムズ
  • 14:NTTエレクトロニクステクノ
  • 15:シィ・エム・エス
  • 16:きりんカルテシステム
  • 17:三栄メディシス
  • 18:蓼科情報
  • 19:LSIメディエンス
  • 20:亀田医療情報
  • 21:セコム医療システム
  • 22:エフ・カルテット
  • 23:メディブレイン
  • 24:システムロード
  • 25:いしだ
  • 26:クリニカル・プラットフォーム
  • 27:ライフサイエンスコンピューティング
  • 28:「その他(据え置き型)」
  • 29:「その他(クラウド型)」
  • 30:覚えていない、わからない


「電子カルテ導入に関するアンケート」(日経メディカル Onlineの登録医師会員を対象に2018年8月10日から2018年9月11日までの延べ32日間実施。平均年齢58.4才、平均開業経過年数14.9年開業医300名による回答を集計。)