開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第72回 休みたいけど休めない

2019/01/11 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 開業に当たって一抹の不安を感じていたのが、スタッフに給料を払えるかどうか。患者数がなかなか増えてこないこともあって、不安は募る一方でした。勤務医時代に「なんでこんなにお給料が少ないんだろう」と思ったことはありましたが、人に給料を払えないのは、それと比べ物にならないほどつらく、開業医になってみないと分からないことだと身に染みて思いました。

 そこで安定した収入を確保したいと思い、私は開業後も、休診日に先輩開業医のところでバイトを続けることにしました。バイト先は非常に流行っているクリニックです。バイトに行った日、「今日はうちの1カ月分の患者を診た・・・」と、やや複雑な気持ちにもなりました。

 一時期ちょっと事情があって、休めるのは祝日だけという時期が数カ月続きました。さすがに朝なかなか起きられない日も出てきてしまい、正直休みたいと思ったのですが、うちの家族に「昔の開業医は休まなかった。お前のじいさんが毎月1日と15日を休診日にしたのは画期的だったんだぞ」と言われてしまいました(祖父母は産婦人科医院を開業していました)。

 開業当初に来ていた派遣スタッフは、医者が俗に言う「バイト」の意味が分からず、「院長先生は、コンビニかどこかでバイトしているのかしら?」と思ったそうです。「バイト」に行く際には説明が必要ですね。

開業後の現在から「この時」を振り返って

実はいまだにこの先輩開業医のところにはバイトに行っています。開業当初はお金のためでしたが、今は気晴らしも兼ねている感じです。大学や病院に在籍しているときにくらべ、どうしても同業者との接触が減るので、先輩がいろいろと患者さんに説明しているのを聞いていると(声が大きいので部屋がちがってもよく聞こえるのです)勉強になります。また当院は手術をしていないので、白内障も含めてこの先輩に紹介して患者さんのやり取りもあり診診連携がうまくいっています。

高額アルバイト求人などは弊社運営の日経メディカルキャリア


連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。