開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第66回 再考:雇うなら派遣?正社員?

2018/12/21 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 開院したとき、「目黒先生のクリニックなら3人以上のスタッフが必要だよ」と知り合いのドクターたちに言われていました。でも地域性や自分の診療スタンスを考えると、患者数が増えても必要なスタッフは2.5人と思っていました。

 開業しても、思ったように患者数が伸びない可能性は十分にあります。スタッフを常勤で雇用すると解雇は難しいですが、派遣であれば会社に「契約終了」の旨を伝えれば済みます。でも、派遣は知られているようにかなり割高。常勤スタッフの給料よりも高い金額を派遣会社に支払わなくてはなりません。しかも当院の場合、前回にも書いたように、派遣スタッフは全く仕事ができるようにならず、何だか釈然としない思いばかりが募りました。

 いくつかのクリニックの話を聞いてみると、軸となる常勤スタッフは少数にし、そのほかのパートスタッフは外来の混み具合に応じて、勤務日数を変更したりしているようです。また、パートスタッフは社会保険に入れていない施設もあるようです。経費の面からなるほどと思いました。

 しかし、一緒に仕事していく仲間なのに、このようにスタッフ間に差をつけて、いわばディスポのように扱うことに、私は抵抗があります。甘いと言われるかもしれませんが、院長の医療への思いを理解し、同じ目的に向かって仕事をしていけるスタッフにきちんとした報酬と保障を与えられるようになりたい。

 業務内容に「医療機関の受付」と書いて募集すると、結構応募があります。が、どうも「きれいで、簡単で、誰にでもできて楽」というイメージを持っている方が多いようです。クリニックの顔ともいうべき大事な受付の仕事を任せられる人はなかなかいません。結局、退職した派遣スタッフの後任は、知り合いに紹介してもらうことにしました。

開業後の現在から「この時」を振り返って

「常勤」という条件でないとなかなか人は来てくれないようですが、いったん雇ってしまうとよほどのことがないと解雇は難しいものです。常勤前提であっても試験的な採用期間は必要でしょう。

就業規則や給与計算、助成金申請は社会保険労務士等の専門家に!
日経メディカル開業サポートでも近日カテゴリオープン!


連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。