開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第61回 誰かに認められたい

2018/11/30 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 患者数の増加はものすごいスローペースなのですが、近隣で開業されていたH先生の患者さんが1日に1人は受診されます。H先生が廃業されてから1年ほどになりますが、患者さんの多くは他の眼科に行くことなく過ごしていたそうです。

 私の家族も診察してもらっていたH先生ですが、うちにいらっしゃった患者さんの話を聞いて、治療内容や紹介先の病院などを確認してみると、実にきちんとした診療をしていた先生なんだと改めて実感しました。
  的確な診断と治療に加え、来院の必要がない患者さんにははっきりと伝え、定期検査も必要最小限にしていたようです。私もそう思われる開業医になりたい。

 以前に勤務していた病院で診ていた患者さんが、開業のうわさを聞きつけて受診してくれたこともありました。90歳近い方がとても遠方のお住まいから来てくれたのは、とってもうれしかったです。「患者がたかだか1人増えただけ」と思われるかもしれませんが、自分を慕ってくれる患者さんの気持ちを大事にできる医者でありたい。これも譲れないポリシーです。

 でも、「辞めた後にしか評価されない開業医って、寂しくないのかしら?」とも、ふと思います。大学病院にいると、忙しいながらも最先端の医療に接し、チームの一員としての一体感もありました。しかし、開業してしまうと、それらから切り離されたような感覚に陥ります。
 眼科の場合、開業医でも手術をしている先生はとっても元気がよく、学会などでも活躍しています。しかし、私は手術をしていないので、外科系に分類される眼科の中では、主流からはちょっと外れてしまいます。仕事における自分のアイデンティティーを保つためにどうしたらよいのか。これも開業後の課題です。

開業後の現在から「この時」を振り返って

明らかに診断が間違っていて治らない患者さんが当院を受診され、その後治って喜ばれるのはとても自分の存在価値があると感じるのですが、前医の非難をして優越感にひたっていてはいけないとも思う最近です。

患者数を平準化する予約システムなどのICT機器はこちら
患者数の底上げをする集患増患対策はこちら


連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。