開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第57回 派遣スタッフの健診は?

2018/11/30 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 スタッフの1人は派遣なのですが、派遣元の会社から「勤務時間が少ないために健康診断は会社ではできません」と連絡がありました。「労働基準法がどうこうと言う以前に、健康診断を受けていない人が医療機関で働くって、まずくないですか?」と言ってはみたのですが、「受ける必要があるなら、本人負担か、そちらで払ってください」と、にべもありません。

 仕方がないので結局、費用は本人との折半にして健康診断を受けてもらうことにしました。クリニック側が全額を支払うところもあるようです。

 派遣元は医療事務専門の派遣会社なのですが、社員を雇う際には当然、全員の健康診断をするものと思っていましたが、違うのですね。勤務時間が短い派遣の方も多いと思うのですが、そういう方たちは健康診断を受けていない可能性が高いのでしょう。勤務時間がどうなるかは派遣先が決まらないと分からないと思うので、派遣会社に登録しても、派遣先が決まるまでは健康診断を受けないものなのでしょうか? ちょっと不思議です。

 少なくとも医療機関が派遣を頼む場合、健康診断を受けているかの確認が必要なようです。誰も気付かないうちに結核にかかっていて、排菌している受付さんがいたら、恐いですからねえ。ありそうな話というところが、また恐いのですが。

開業後の現在から「この時」を振り返って

医療機関に勤務している人は年に一回胸部X線を撮って、結果を管轄の保健所に届ける義務があるのですが、意外に知らない人が多いようです。

就業規則や給与計算、助成金申請は社会保険労務士等の専門家に!
日経メディカル開業サポートでも近日カテゴリオープン!


連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。