開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第55回 いつになったら医師会員?

2018/11/30 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 生活保護の方の診療を行うための手続きは、社会保険事務所で保険医療機関の認可が下りて指定通知書が来なければ、できません。速攻で手続きはしたのですが、最初の月は結局間に合いませんでした。もっとも、生活保護は「遡及手続き」で、さかのぼっての申請が可能ですので、焦る必要はあまりないのですが。

 手続きと言えば、高齢者の健康診断。どこの地域でも行っていると思うのですが、眼底検査を眼科が受けるシステムはいろいろのようです。まず、役所に聞いてみたところ、「医師会に加入されていれば内科の先生が紹介してくれます」とのこと。医師会の加入は既に済ませていたので、ひとまず安心していました。

 実際に健診の用紙をお持ちになった患者さんがいらっしゃったとき、「あれ、役所への費用請求とかどうするの?」と思い、再び役所に電話。すると、「先生のところは健康診断を受ける名簿に入っていませんので、医師会に聞いてください」

 「??」で医師会に電話したところ、「これから理事との面談が予定されています。理事の先生の了承が下りないと、先生は医師会の行事に参加していただくことができません」との返事。

 「面談があるとは全く伺っていませんが、いつあるのでしょうか?」
 「私たちでは分かりかねます。追って連絡が行くはずです」
 「……(絶句)」

 第二医師会費のときにも思ったのですが、どうして入会時に誰も説明してくれないのでしょうか? 晴れて会員と認められるために面談がいることを知らされるのが、入会許可が下りて2カ月近く経ってからなんて…。もっとも、医師会費の請求もまだないんですが、だからかな?

開業後の現在から「この時」を振り返って

この健康診断の結果用紙は医師会に集められるのですが、毎月持参するようにと言われたのを無視して郵送し続けて10年。先日初めて紙を折ってはいけないことを教えられました。最初に教えてくれれば…。


連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。