開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第52回 電子カルテ その後(1)初レセプト

2018/11/09 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 開院して初のレセプト作成時期。しかし、電子カルテの会社からは「レセプトは手伝いません」と告げられ、結構衝撃でした(そこまで確認しなかったのも、のんきなものですが…)。

 「契約時には『レセプト立ち会い』と言っていたのに…」と思ったのですが、これはレセプトの用紙と社会保険の総括表、国保提出に関連する書類がきちんと印刷できるかの立ち会いという意味。提出できるように書類を作るということではないそうです(病名の不足などがあった場合の訂正方法は教えてくれますが)。

 スタッフに頼もうとしたら、指示されながら出したことはあっても、全部をできるほどは知らないとのこと。困った挙げ句、よその眼科で働いている人に頼みこんで手伝ってもらいました。レセプト提出時期はどこでも一緒ですので、えらく迷惑な話だったと思います。

 しかし、やってみれば結局は、社保は全国共通なのでプリントされたものそのままで大丈夫。(乳)や(子)のリストは出てきますので、それを指定の紙に書き写し、国保も重ねる順番が決まっている、ということだけの話です。特殊な保険の場合には、いちいちどこかに聞かないとわかりませんが(今回は1件もありませんでした)、「基本的な提出方法までは電子カルテの会社で教えてくれてもいいのになあ」と思いました。まあ、都道府県によって違う部分があるので、しょうがないのかもしれません。会社によって対応は異なると思います。

 やっと医師会へ提出しようとしたら、「第二医師会費」と言われて「??」。レセプトを医師会から出してもらうときに払う手数料のことでした。地域によって名目や徴収の方法は異なるそうです。

開業後の現在から「この時」を振り返って

レセプトがオンライン請求になってから出すのが難しい、ということはまったくなくなったと思います。教えてもらったままに送れば入力間違いも教えてくれますし。

オンライン請求し始めてからも第二医師会費はしばらく徴収されていました。年度途中で中止にできないからだと思いますが、これもまたなんだかなあ~、という感じです。


電子カルテでよく言う「サポート充実!」って? 詳しくはこちら
カスタム? サポート? 値段? 現役開業医300人に聞いた
電子カルテ導入の決め手と製品比較記事はこちら

連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。