開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第45回 電子カルテいろいろ

2018/10/19 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

※今回の電子カルテに関する記事は、10年前の目黒瞳先生開業時の個人的見解であり、現在の価格、機能、営業担当の質を評価するものではありません。

 デモしてもらったり、バイト先で使用してみた電子カルテの印象です。

「AIクリニック」(アイネット・システムズ)
 入力画面が非常に使いやすく、特に眼科向けと感じました。しかし、お値段が400万円近くすることと、遠隔メンテナンスの方式がADSL推奨だったので、ひかりを導入した当院向きではないと判断。

「スーパークリニック」(ラボテック)
 AIクリニックのデモをしてもらうときに、対抗馬としてこちらもデモしてもらいました。バイト先のクリニックにも入っていたものです。特に特色は感じませんでした。営業の人があまり内容を分かっていなさそうで、説明が下手なことがひっかかりました。結構なお値段になるようです。

「セコム・ユビキタス電子カルテ」(セコム医療システム)
 バイト先で、完全ペーパーレスとして途中から導入。このソフトが特に使いにくいというわけではないのですが、実際に使ってみて「完全なペーパーレスは無理」と実感するきっかけとなったソフトだったので(前回参照)、今回は検討しませんでした。

 AIクリニックとスーパークリニックをデモしてもらった時点で費用が気になりはじめ、以下の2つを検討することにしました。費用に制約がなければ、特にどれというわけではなく、なじみやすい製品を選べばいいと思います。

「ドクターソフト」(油井コンサルティング)
「ダイナミクス」(日立ソフテック ※2010年9月株式会社ダイナミクスと提携解消)
 この2つは上記の電子カルテと比べると、入力画面の「きれいさ」がなく、あまりかっこよくない感じです。お値段はソフト、ハード合わせてほぼ同じ見積もり(150万円)が来ました。どちらも直買い可能ですが、ドクターソフトは月々のメンテナンス費用(4万円程度)がかかります。

 とことん安く上げたいならばダイナミクスで、ソフトだけを購入し、ハードの準備、LAN構築、メンテナンスは自分でやるということになるでしょう。セットアップやメンテナンスをディーラーさんに頼むこともできますが、惚れ込んで使い込んでいるドクターも多いですね。

 そこまではやりたくないし、誰かに頼みたいというならば、通常はディーラーがセットアップまでやってくれて、保守がついているドクターソフトかなと感じました。ということで、私はドクターソフトに決め。

開業後の現在から「この時」を振り返って

と、書いていますが、現在はダイナミクスを使用しています。保守費用が月に1万円プラス税と安いのもありますが、診療報酬改訂の際の手間が非常に簡単だからです。


近年開業する先生の8割が入れるという電子カルテカテゴリはこちら
電子カルテと連動するシステム、ICTはこちら

連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。