開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第40回 派遣と正社員、どっちを雇う?

2018/10/05 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 眼科には視能訓練士(ORT)という職種があり、検査のプロである国家資格です。このORTを常勤スタッフとして雇いたいと思って、あらゆるところに声をかけたのですが、いい反応が全く返ってきません。

 給料が安い、個人診療所なので福利厚生の面で劣る、スタッフが少ないので人間関係がイヤ、検査以外の仕事がある…といった理由のようです。国家資格だと、自分で職場を選べますからねえ。

 「パートでやってくれる人でもいい」と条件を下げて探しましたが、今やORTの人たちの時給は看護師より高くなりつつあるようです。仕事ができる人にお金を払うのは構わないのですが、常勤スタッフより高いお給料だけど、検査以外の仕事はしないという人が混ざると、「看護師のとき」と同じになってしまいそうで、悩んでいます。

 「看護師のとき」というのは前の職場の経験などからなのですが、看護師のほとんどは「私は看護の仕事がしたい」と言って、受付やらない、会計やらない、検査やらない、レセプトやらない…となってしまいます。すると、ほかのスタッフがてんてこ舞いしている中、看護師さんは一人のんびり…という事態がよく発生するんです。

 いろいろ教えたら「忙しいから辞めます」とすぐ辞めた看護師さんも。クリニックはそれではやって行けないので、オペをしているところでさえ、あえて常勤の看護師は雇っていないところが多いですね。

開業後の現在から「この時」を振り返って

今現在はひょんなご縁から雇うことになった新卒ORTが当院にうまくマッチして双方楽しく仕事をしています。本当は病院で経験を積んできてから来てほしいのですが、既卒になるとなかなか良いタイミングで雇えませんね。


採用だけでなく開業後のお悩みを解決『日経メディカル経営サポート』

連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。