開業奮戦記(目黒 瞳)

「開業のきっかけは?」「開業地域や物件を選ぶポイントは?」「開業資金は?」
「患者は来てくれる?」。理想に向かって診療所開業に踏み切った医師たちが、
日々悩み、悪戦苦闘する様子をリアルにお伝えします。

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

第7回 詰まる所は人の縁

2018/07/05 目黒 瞳
Facebookでシェア ツイート

 前回のごとく、物件は結局、知り合いの紹介で見つかったのでした。不動産屋に出てくる物件だけではダメってことですねえ。ちなみに不動産屋はこちらから連絡しない限り、続けて探すことはしてくれません。最初に行ったときに見つからなければ、全く連絡は来ませんでした。

 開業したら、いろいろな方たちと接する機会はさらに増えるわけですが、改めて思うのは「人の縁」の大切さ。「今回はお断りしますが、また何かのご縁がありましたら、よろしくお願いします」という姿勢が大事ですね。勤務医は商売をやっているわけではないので、この辺の感覚がなかなか身に付いていないのですが。

 もっとも、業者の中にもこの感覚が分かっていなくて、断ると喧嘩腰になってしまう人がたまにいるのが残念。

 昔自宅の内装をお願いする際に断った相手から
「どうして断るんですか! うちは一流のデザイナーによる一流の内装で、どこの会社にも引けを取らない自信があります。断る理由と、契約された会社の内装を教えてください。比較して絶対に負けないと思います」 としつこく言われて困ったことがあります(料金も「一流」だったから断ったのよ!)。また内装を頼むことがあっても、ここだけは絶対にやめようと思ったものでした。

 商売をやっていると縁起をかつぐのも、自分1人の力では限界があり、人様の力を借りなくてはやっていけないという感覚があるからだと思います。と言いつつ、開業前に「酉の市」に行けなかったことが心残りになっているのですが。

開業後の現在から「この時」を振り返って

開業後にひょんなことから新しい知り合いが増える機会ができ(これは新連載で触れることになると思います。)、お互いにいろいろ良いことが起きています。単にご飯食べて、飲んでワイワイしているだけなのですけどね。そして(いまだに行っている)バイト先の先輩は「酉の市だけは行っちゃいかん、とオレは親父に言われたぞ。医療関係者が商売繁盛願うところに行って患者さんに会ったらどうするんだ。」と忠告してくれてます。


連載の紹介

※本連載は、過去(2008年1月~2009年9月)に「日経メディカル Online」内で掲載したものを、開業後10年を経た著者が一部加筆・修正、当時を思い出しながらの現在の感想を追記したものです。
一部、現在の状況と異なる点が含まれる場合もございますが、掲載当時の読み物としてご一読ください。

著者プロフィール

目黒 瞳(めぐろ ひとみ)氏

●生まれ育った地元で、2008年、眼科を開業。
 なかなか増えない患者数に不安になりつつ、後進のためになる話を記録に残そうと本連載を執筆。