集患・増患対策

 医院を開業してからまず問題点として挙がりやすいのが、患者の集患方法です。集患とは医院に来院してもらう患者数を集めることを意味し、健全経営をしていく上で非常に重要となります。事業計画では年度単位で計画を立てることが多いですが、集患方法においては開業後の数ヵ月がその後の集患につながることから、開業前から準備を整え内覧会や折込チラシ等で集患対策をする医院も増えております。
 また、1日の集患数を把握し今後の計画を立てることも重要です。季節や感染症の流行に左右されること無く安定した集患を進めるためには現代ではインターネットが普及しているため、ホームページを作成することも必須条件と言えるでしょう。ホームページで予防接種情報を拡散することも有効的で、口コミを機に医院の知名度や評判を拡散できる可能性もあります。

PICK UP

更新日:2018/11/21 ID:NMK001

病医院のホームページ制作・運営サービス「Web Medi-PR」

日経メディカル開発

医療専門(80%以上)

実績

2005年のサービス開始以来、医療機関数百施設のホームページを制作・運営中です

強み

医療・医学の専門出版社スタッフが貴院の医療広報活動を支援します

対応エリア

全国

PICK UP

更新日:2018/08/31 ID:HERO003

医療専門の広告会社!!紹介だけで年間150件以上の広告支援!!当社が紹介される理由とは?

ヒーローイノベーション

医療専門(80%以上) デザイン重視

実績

医療機関専門に広告の企画制作を行っており、年間で150件以上の開業時の広告のお手伝い、開業後の広告に関する相談を承っております。

強み

●医療専門のスタッフによる企画提案
●業界最高レベルのデザイン品質
●医療に特化することでお手頃価格で高品質を実現
●最新の医療ガイドラインにも対応。

対応エリア

東京本社(東京,神奈川,千葉,埼玉,群馬,栃木,茨城)
大阪支社(大阪,兵庫,京都,滋賀,奈良,和歌山)
福岡支社(福岡,佐賀,大分,長崎,熊本,宮崎,鹿児島,山口) 
その他エリアはご相談ください。

おすすめカテゴリー

電子カルテ、レセコン  電子カルテを導入すると、予約・受付・会計・診療情報提供書など、紙のカルテに必要な時間や作業の負担、保管スペースを削減できます。情報伝達や情報処理をデータとしてスムーズに行えることから、業務効率の向上を期待できる点が大きなメリットと言えるでしょう。
 また、電子カルテ以上の普及率を誇るシステムに医事会計システムのレセコン(レセプトコンピュータ)が挙げられます。レセコンはレセプト(診療報酬明細書)の作成・提出をパソコン上で行えるため、事務作業の効率化を図れる点で大きなメリットがあります。近年では、厚生労働省の推進によって多くの医療機関におけるレセコンの導入が進み、平成27年段階での普及率は全国の病院で99.9%、診療所97.9%、歯科96%、薬局99.9%の割合を占めています(医療機関全体では98.6%)。
ICT  ICTとはInformation and Communication Technology(情報通信技術I)の意味を持つ略で、医療におけるICTとは医療分野のIT化を指します。医療分野をIT化する最大の目的は患者へ提供する医療サービスの質を向上させることであり、具体的には「医療機関の連携の推進」「研究開発の推進」「医療効率化の推進」の3点がICT化のポイントとして挙げられます。
 また、医療におけるICTの効果を引き出すためには「マイナンバー制度の活用」「医療データのデジタル化+医療機関間のネットワーク化」「医療データの利用拡大のための基盤整備」が必要だと考えられています。厚生労働省では病院・医療、診断・治療、健康・生活にICTシステムを導入し、医療情報(個人情報)との関係性やガイドライン作成などの支援を重要視しながら、2020年までの実現を掲げています。